学習プログラムについて

認定・検定試験はどのような形で行われますか?

食学士含めIFCAの全ての認定・検定試験の試験問題は全てレポート形式です。 会場受験と在宅受験が選べますが、在宅受験の場合は受講した学習プログラムの最終レポート返却時に受験用レポート課題が添付されています。受験用レポート課題ではご自身が学習プログラムにおいて学習した内容が正しく理解されているか、一部のプログラムでは自分自身の思考で第三者に表現できるスキルはどのくらいなのか、なども精査しています。
なお、IFCA会員が開講している加盟校・加盟教室では認定・検定試験共に各加盟校・各加盟教室が定めるスケジュールでの会場受験となり、事前にIFCAから試験問題を各加盟校・各加盟教室を送付し、試験日に担当試験官が試験問題を開封して実施いたします。
試験という形式を取ってはおりますが内容は修了レポートに近く、点数による採点では無く「特優」「優」「良」「可」「不可」の5段階で審査をいたします。

講師はどんな人が行うのですか?

まずIFCA直営校・本部における講師候補となるのは管理栄養士・栄養士・食養家・マクロビオティックマスターでIFCA所定の専門課程以上を修了しIFCA会員となった方々です。
IFCA講師の研修については、IFCA本部や協力研究機関の関係者・協力者らにより、知識だけではなくコーチングテクニックを徹底追求した指導で行われます。
他に、スクーリングやセミナーではその内容により各界専門家・有識者・プロの講師陣をお招きして実施いたします。
世界に羽ばたく数多くの食学士育成が目標指針にありますので、講師陣のレベルは日本最高峰を追求し続けて参ります。

IFCA直営校での受講は、LTA通信学習プログラムのみになるのでしょうか?

IFCA直営校では、いわゆる「通信講座」のLTA通信学習プログラム、及びLTA通信学習の受講生・IFCA各種会員を対象にしたスクーリング・セミナー・勉強会・講演会などを実施しております。
IFCAの教育事業は学習プログラムの提供と、会員支援プログラム、及びその周辺サービスが中心であり、IFCAの最大の目的はマンパワーによる「食育・食養・食学」の普及にあります。
通学プログラムに関しましては食学の指導者を志す方々の活躍の場、職業の一つとして分類しております。
直営校とIFCA会員が開講する加盟校(認定校)・加盟教室(認定教室)がバッティング(競合)しないための施策の一つでもあります。

プログラムとカリキュラムという2つの語句が出てきますが、2つの違いはなんですか?

IFCAで言うところの”プログラム”とは、例えば学習プログラムであれば”講座”のことを指しています。学習プログラムの”カリキュラム”とは、プログラムの中の一つの”単位”を指しています。例えばIFCAホームページのジャパンビューティーフードセンターを例にあげますと”美容食学A級プログラム”における理論・実習でそれぞれ”12″ある”タイトル”がカリキュラムで、それぞれ12あるタイトルの”合計”が”プログラム”ということになります。
プログラムは”英:Program”の意味のうち「ある物事の進行状態についての順序・組み合わせ・筋などのこと」から、カリキュラムは”英:Curriculum”の語源がラテン語の「走る」(currere)ですので、元々の意味「走るコース、走路、ランニングコース」から、それぞれIFCAの講座・単位の呼称として使用しています。あくまでも内規ですので受講者・会員や外部の方が”講座””単位”とそれぞれをお呼びいただたとしても、IFCA側でも問題なく通用します。

IFCAの学習プログラムにはどんな特徴がありますか?

まず、IFCAの学習プログラムではほぼ全てのプログラムで、理論と実習の2種類を同時平行して学びますが、学び方は階段を1段ずつ上がるイメージのStep・Up方式をとっています。全受講者が指導側の都合に左右されず、ご自分に適したスピードで理解と経験を深めていくための手段です。なお、理論カリキュラムについてはLTA方式というIFCA独自の学習方法をとります。
LTAとは、Logic(論理)・Thinking(思考)・Answer(解答)の頭文字を取ったもので、理論学習と解答の繰り返しでは無く、その間に自学自習のタイミングを作ることで学ぶ楽しさを体感し、受講者の潜在能力を引き出すことを意図しています。
実習カリキュラムについては、学習内容が「食」ですのでご自宅のキッチンなど調理場が主役になることから、学習方法としても生活学習という位置づけを取り、短期集中合宿・LTA通信学習プログラムいずれも受講者のご自宅など、身近な調理場での実習を取り入れています。
このように、IFCAの学習プログラムでは受講者が「楽しく学び、潜在能力を引き出すこと」に主眼を置いているのが特徴です。

最後までやり通す自信がないのですが…

正直申し上げて、受講前から「根気が無いから続かない」と言われては、さすがにこちらも困ってしまいます(笑)。
あなた様がわたしの娘であれば、「そんな弱い意志ならやめなさい!」と言うところなのですが、さすがにそうも言えないので、あなた様を励ますことに致します(笑)。まず、万が一、1年以内の標準受講期間内に修了しなかった場合は、さらにもう1年間無料で受講期間を延長いたします。それでも修了しなければ、もう1年間無料で延長いたします。その後も修了まで、事実上無期限無料で受講期間を延長いたします。したがいまして、受講料は1年分のみとなります。また、この無料延長制度の適用受講者があまり増えるとIFCAとしても困るので(笑)、あなた様の学習が続かない理由、どうしたら学習が楽しくとんとん拍子で進むのか、講師陣が対策を施します。
例えば、ある受講者にはTEL指導をするかもしれません。ある受講生には励ましのお手紙を書くのかもしれません。ある受講者には、本部で面談の場を持つのかもしれません。
どんな対策をするのかは十人十色です。とにかく「見捨てない」これがIFCAの学習プログラムの方針です。

通信指導の添削から返却までにはどのくらい時間がかかりますか?

IFCAの学習プログラムは、全カリキュラムがレポート提出となっておりますので、到着したレポート内容の精査・評価から返却までのサイクルにはおおよそ1~最長3週間程度とお考えください。その間、次のカリキュラムのレポートが出来上がりましたら、順次お送りいただいて結構です。提出レポートの返却を待って次のカリキュラムに進む必要はありません。

学習プログラムのレポートですが、評価基準はどのような内容になっているんでしょうか?

まず、評価方法は上から「特優」「優」「良」「可」「不可」の計5段階です。
誤字・脱字・タイプミスについての減点は、A級レベルまではよほどのことが無い限りはいたしておりません。全プログラム共通で精査しているのは、受講者がその学習プログラムのカリキュラムについて、内容は正しく理解したか、自ら思考する時間を持ったか、自らの考えでそのレポートを作成したか、レポートの内容はどうなのか、この4点です。

検定試験・認定試験は難しいのですか??

答えにくい質問ですね(笑)。一つ言えるのは、試験形態もレポートです。
レポートと聞くと大学の卒業論文みたいですが、ページ量そのものはさほど多くありません。過去のモニタリングの結果によれば受講者によっては難しいとおっしゃいますし、意外に易しかったともおっしゃいます。例えば、受講中のモチベーションが高い方ほど思ったより簡単だったという感想をいただくことが多いようです。ただ、試験が難しいかどうかよりも、学習プログラムをカリキュラムに沿って消化していただき、IFCAの指導方針に沿ってレポートを出し続けていく延長での、修了時における実力の確認がレポート試験ですので、あまりお気になさらず(笑)。

自分に合ったプログラムについて相談することはできますか?

ご相談はお電話、E-Mail、IFCA本部面談コーナーなどで受け賜っております。Q&Aやホームページなどもご覧いただいて、他に何かご相談があればいつでもご連絡ください。ただ、一番最初に目が留まったプログラム、一番心に引っかかったプログラム、それがあなた様の求めるプログラムであることが、確率としては高いようですよ。

申し込みたいプログラムが見つからないのですが…

私共の力不足で申し訳ありません。正直言ってしまうと「申し訳ございません、じゃあしょうがないですね、申し込まないでおきましょう」としか答えようがないのですが。あえてIFCAの学習プログラムをお奨めする理由は見当たらないのですが、それを言ってしまうと話が終わってしまうので回答を考えてみました(笑)。まず、なぜこのIFCAのWebサイトを探して、ご覧いただいて、自らアクションを起こしてご質問いただいたのかを自問自答してみてください。何か解決したいこと、改善したいこと、食学がご自身に役立つことが、ございませんか?「なんとなく気になる」これが、受講者の方々にとって一番最初のモチベーションであるケースはとても多いようですよ。

教材の発送には、送料がかかりますか?

無料です。

教材の発送は、日時の指定は可能ですか?

日時・時間指定共に可能です。

教材は、申込み後すぐに送ってもらうことは可能ですか?

可能です。
ただ、IFCAの各種学習プログラムは法改正や新データの発見、新理論の考案などの理由により、学習プログラムの修正・変更を行う場合があります。この場合は過去の受講生・会員様には最新情報を提供いたしますが、新受講生様の場合は新テキストが納品されるまで一部、又はコースによっては、全ての教材発送をお待ちいただく場合があります。詳しくは、ご希望の各学習プログラムを管轄しておりますIFCA直営校、又はIFCA本部まで、お問い合わせくださいませ。

私は食品に関する知識はほとんどありません。こんな私でもカリキュラムについていけますか?

それは問題無いと思います。A級対応プログラムはいずれも食品知識など含めて入門編から始まりますので、ご心配の必要は特にありません。

仕事が忙しくても、受講は出来ますか?

LTA通信学習プログラムはお忙しい社会人の皆さんが、日常生活を快適に過ごしながらできる生活学習をコンセプトに設計されておりますので、マイペースで余暇を使って学習プログラムを進めていただけると思います。ただ、さすがに残業で終電帰宅の日にはカリキュラムを進めるのは無理かもしれませんので、あなた様の学習時間は土日が主かもしれませんね。あまりお仕事の無理をせず、という訳にもいかないのでしょうけど、お気をつけください。もしかしたら、奥様にご受講いただいてご自身の健康管理にご利用いただいた方が・・とも思いますが。

カリキュラムテキストには多くのレシピが紹介されていますが、私にちゃんと調理できるのでしょうか?

IFCAの各学習プログラムA級対応プログラムにおける実習カリキュラムにおいて、レベル1では調理を全くやったことが無い方を前提にして構成されています。そこから徐々にStep・Up方式でレベルを上げていきますから、ご心配には及ばないと思います。ここまでは、建前です(笑)。ここで調理未経験の方でも料理上手になる秘訣ですが、それは、「失敗すること」です。たくさん失敗して、たくさん経験を積んでいけば、だんだんと上手になる、これが料理です。失敗恐怖症の日本人が増えたという学者さんもおりますが、日本人は元々エジソンみたいな人が多いはずなのであまり失敗を恐れないでくださいませ。(笑)

年齢が高いと資格取得は難しいですか?

年齢のことが原因で、資格取得が難しいということはございません。
確かに、世の中にはそういう資格もあるかもしれませんが、IFCAの学習プログラムはあらゆるマイナス要因を補いプラスに転化することを意図した設計になっておりますので、仮に多少のハンディキャップがあったとしても、極力その影響を軽微に留めるように、構成されております。その結果、資格取得へのハンディキャップの影響も軽微となります。どうぞ、ご安心ください。

受講するのに年齢制限はあるのですか?

特にありませんが、未成年者の方が受講なさる場合は、申込み者が保護者の方、受講者がご本人様、という手続きになります。
短大とのダブルスクールをご希望とのことですが、未成年と言う点では同じですので保護者の方にご相談くださいませ、申し訳ございません。

食学士試験の受験資格について教えてください。

準食学士のホルダー(資格保有者)で、IFCAの応用課程プログラムを修了した方です。なお、準食学士の受験資格は専門課程プログラムを1つ以上修了した方です。

PAGE
TOP