IFCA情報

国際食学協会

International Food and health Culture Association

IFCA 国際食学協会

(通称:アイエフシーエー)

2005年に世界に先がけて我が日本国では国家レベルで食の改善をテーマに掲げた法律「食育基本法」が成立しました

国民の医療費が国家予算の約3分の1にあたる30兆円となった21世紀の現在、人々の「健康に寄与する食」を供給するという食本来の役割の重要性が顕著になっています。

食養学やマクロビオティックから現代栄養学、そして各ご家庭に代々伝わるレシピや食事療法に代表される日本の良き食文化・食の智恵を「食学」と定義し、21世紀現在の人々やその子供たちに、さらに世界の人々に提供して後世に引き継いでいきたい。


「食は命なり」「健康・道徳・経済の根源は食である」という理念を日本をはじめ、広く国際社会にも智得の場を普及していきたい。


IFCA国際食学協会は、こういった「願い」から発足いたしました


日本には「体育・智育・才育は即ち食育なり」という言葉があり、食養学という学問も存在していました。


その後一世紀以上の時を経て食の文化・技術・理論は目覚しく進化すると同時に、欧米型の食生活が与える人々の心身と健康への影響が地球規模で問題視されてきています。その結果、欧米先進国は我が日本の古き良き食文化に注目し始め、ここ数年はハリウッドセレブや著名人が日本の食養学から派生したマクロビオティックを実践していることもマスコミ各社で紹介されるようにもなりました。 かたや、ここ数年私たちの暮らす日本では「食の不安」が蔓延しています。


結果的に、日本、そして世界の人々が行き着いたのは「食の安全」と「食育・食養」という「食の学問」への関心です。 現在でも天皇家の御献立は「食養学」に基づいて作られることがあるそうですが、IFCAでは世界に誇る日本の「食育・食養」の文化・智恵・技術である「食学」を普及すべく、永続的活動に努めてまいります。


IFCAの活動

「健康・道徳・経済の根源としての食」を普及するために、以下の活動を推進しています

  1. 日本の良き食文化をはじめとする「食学」を普及するために、食学・食養・食育に関するイベントやプロモーション活動の企画・実施・タイアップ、及び食に関する各種学習プログラムや各種検定試験・認定試験の企画・実施・提供、会員の助成・支援などを通じて、社会の人々に健やかで明るく楽しい食学・食養・食育を情報として発信しています
  2. 食学を導入・活用したビジネス・コンテンツ・各種メニュー・サービスなどを検討しているIFCA各種会員、及び審査を経た外部希望者らに対して、支援プログラムの企画・開発・運用・提供ほか、幅広いサポートを継続して行うことで、消費者の方々が「食学」の恩恵を授かることができる環境の拡大に努めています。
  3. 農林水産・流通・医療・教育・美容・介護・福祉などの「現場」と連携し、専門家・有識者の意見・要望・監修を取り入れた「食」の研究、食事療法の普及・導入と、それらのノウハウを社会に還元することによる人々の健康・健全で安全な食生活の向上促進に貢献する情報提供に努めています。
  4. IFCA 地域振興部では、主に食糧支援を必要とする地域・人々に支援活動を行っている団体をサポートしています。
  5. IFCA 会員がさまざまな分野で、さまざまな形で、食学を活用・普及し、会員がビジネスやライフワークとして活用していけるよう、各種の支援・助成プログラムを企画・開発・実施・運用すると共に、関係法令やモラルを 遵守した人道的に正しい食学・食養・食育の普及が社会に成されているか、厳正な管理・監督に努めています。

社会貢献活動

協力法人&ボランティア募集!

IFCA国際食学協会では、主に食糧支援を必要とする地域・人々に支援活動を行っている団体をサポートするために、協力法人と 無償ボランティアを募集しています。 ご協力いただける個人・法人様は次の項目を明記の上ご連絡ください。

  • 氏名又は法人名(ご担当者名)
  • ご連絡先
  • ご協力いただける内容(物資・寄付・人員派遣・宣伝・その他)
  • IFCA国際食学協会 地域振興部 CSR課

  • 〒151-0073
  • 東京都渋谷区笹塚3-19-2
  • 青田ビル4階
  • TEL 03-6276-7550

※サポートをご希望の団体様も、随時募集したしております。


PAGE
TOP