情報公開

IFCAは有識者・関係者・IFCA本部と受講生・各種会員で成り立っている団体であると同時に、食に関する消費者志向の情報機関を目指しており、そのためアカウンタビリティー(Accountability=説明責任)を重要視しています。

本来のアカウンタビリティーとは、政府・企業・団体など社会的な影響力を持つ組織で権限を行使する人たちが、株主や従業員(従業者)といった直接的関係をもつ者だけでなく、コンシューマー(消費者)、取引先、金融機関、地域住民など、間接的な関わりを持つ全てのステークホルダー(stakeholder=利害関係者)を含めた人・組織にその活動や権限行使の予定、内容、結果等の報告をする必要があるとする考え方のことです。

元々はアメリカで1960年代-1970年代に政府など公共機関が、税金の出資者であり主権者でもある国民らに会計上の公金の使用説明のために生まれた方針のことです。

後に公共機関だけでは無く、株式会社は出資者で株式所有者である株主に対して資産の使途や経営状況について説明するように拡大されることになります。

その後、説明を求められる主体者は広く社会に影響を持ちうる活動を行う団体にまで拡大し、説明する内容は、金銭の使途に限られず、活動の予定、権限行使の合理的理由までと拡大し、説明が求められる対象も広くステークホルダー(利害関係者)にまで拡大されるようになりました。

IFCAではアカウンタビリティー方針として、以下の定義で情報公開をしております。

  1. 迅速に
  2. 正確に
  3. 平等公平に
  4. 隠さず
  5. 誤報も含めて
  6. 広く社会に
  7. わかりやすく
  8. 消費者の立場で
  9. 第三者的な見解で
  10. 公開します
  • 一般社団法人 IFCA国際食学協会本部

  • 〒151-0073
  • 東京都渋谷区笹塚2-19-3
  • 大成ビル3階
  • TEL0120-490-063
    FAX03-6276-7893
    Mailメールでのお問い合わせ

PAGE
TOP