• 小笠原 奈緒
  • 小笠原 奈緒

  • 2010年9月入学
  • 美容食学A級・S級
    食学指導者養成プログラム
OL時代にアロマと出会い、働きながらアロマテラピーを学ぶ。アロマセラピストとして活動をつづけ、「アロマサロン・ヨガスクール アムール」を開校。
アロマの癒しとヨガに加えて、美容食学を導入したメニューを展開。

スクールの幅を広げ、
ココロとカラダが癒され、キレイに

「普段は何を食べてるの?」と、スクールの生徒さんに聞かれることが多かったため、アロマ、ヨガに加えて、食についても取り入れたいと思いました。今までも私なりに「体にいいものを食べよう」と気をつけてはいましたが、IFCAで美容食学を学びはじめると、実は当然だと思っていた常識が偏っていたと分かりました。元々食べることが趣味ですから、ストイックな食事法よりも、「無理せず、楽しみながら」がモットー。たとえばスイーツが好きな人の場合だと、「甘いものはNG」というだけでストレスが溜まってしまいますよね。だから、私はできるだけそれぞれの好みに合わせたやり方を提案するようにしています。体温が1℃以上アップしたり、生理痛がなくなったりと、嬉しい報告は色々とありますが、新しい変化を知る度に「心・体・食」のつながりについて改めて考えさせられています。

良質な食材と食養学、栄養学、過去の膨大なデータを元に、数多ある食学の知識・技術の中でも特に「美」に特化した美容食学は、お肌、美脚、痩身、バストアップ、ウェストシェイプから美白、メンズケアなど、IFCAにより研究・開発・考案されたノウハウの中からはじめての方でもわかりやすく、体系立てて学べるように設計された学習プログラムです。

「何を」「どうすれば」「どんな効果があるのか」を知り、食養学、栄養学、女性ならではの生活周期までも「美」をコンセプトに学習し、日常の食生活に取り入れ、美容理論と実践レシピを修得できます。
どんなに食べものに気を付けていても、心にゆとりがなければ体は変わっていきません。なりたい自分をイメージしながら、楽しく取り組むのがキレイになるための第一歩。
メタボ体型に悩んでいた夫は、食事を改善してから5キロ減量してスリムに! 
「体が変わると心までスッキリした」と喜んでいます。

PAGE
TOP