マクロビオティックの初心者方へプログラムについて

連絡先はこちら国際食学協会

0120-490-063

10:00〜18:00※土日祝日はお休みです


HOME > マクロビオティックA級プログラムについて

マクロビオティックとは

日本で1907年(明治40年)設立の食養会(初代会長/故・石塚左玄氏Sagen Ishizuka)が普及した、玄米を主食、野菜・漬物・乾物などを副食とする食事を基本に、食材や調理法のバランスを考える食事法、これに端を発した食の哲学・学術です。食養会三代目会長の故・桜沢如一氏Yukikazu Sakurazawaが欧米でこの食事法に独自の理論を加えて普及活動をするさいに、欧米向けに使う呼称として選んだのが、Macro(大きな)Bio(生命)Tic(術・学)の3つを組み合わせて作った合成語のマクロビオティック(英:Macrobiotic)です。言葉の起源としては1797年にドイツのクリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラント氏が自著「長寿学」において執筆したタイトル「ドイツ語:Makrobiotik」とされており、 その語源となったのは古代ギリシャ語「マクロビオス」とされ、この言葉に込めた情熱としては「健康による長寿」「偉大な生命」などといった意味が込められています。

今、なぜマクロビオティックなのか?

故・桜沢如一氏が欧米で普及したマクロビオティックは、ファーストフードや肉食といった欧米型食生活の欠点が顕著に表面化すると共に再び脚光を浴び、特にハリウッドセレブや著名人をはじめとする富裕者層に、近年人気を博しはじめたものです。日本では、欧米の影響と近年の「食の不安」という国内事情から、起源を同じくする日本発の食事法が逆輸入的に名前を「マクロビオティック」に変えて戻ってきたことになりますが、海外の著名人が実践して「美と健康」を取り戻していることから、そもそもの発信国である日本でも注目を浴びるようになりました。

IFCAでは、「わかりやすさ」の観点から食育・食養・食学の入り口としてこの「マクロビオティック」を普及することは21世紀現在において食育、食養、食学の普及に適していると判断し、直営校「国際マクロビオティックアカデミー」の開校、加盟校・加盟教室への学習プログラム提供などを実施しました。

マクロビオティックA級プログラムでは、日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論とそれを実践するレシピを修得し、修得したスキルを証明するための検定試験を受験していただきます。また、IFCA会員になることでご希望に応じて、合格後の近い将来をより良いものにするための会員支援プログラムを提供させていただきます。

IFCA国際マクロビオティックアカデミー

詳しい資料をご希望の方は、こちらをクリックしてください。
資料(無料)がダウンロードできます。↓


受講生の声
名誉理事長は南清貴から吉良さおりへ
 美味しい食学セミナーのお知らせ
 日本全国、通って学べる通学校
ナチュラルエイジングプログラム
食学入門講座がeラーニングで学べる
レシピ大公開!!
グローリー・インターナショナル
IFCA公式Facebookページ
ベジィ・ステディ・ゴー!
セラピーライフ
農家から自宅に美味しすぎる野菜が届く!フィールド・コープ
料理教室検索「ぱぱっと検索!クックタウン」
アマゾン
豆知識リンク集
ピックアップ
朝食は今日が始まる出発点 食育標語
食育基本法
ライスインキ