IFCAの活動

連絡先はこちら国際食学協会

0120-490-063

10:00〜18:00※土日祝日はお休みです


HOME > IFCAの活動

国際食学協会は《日本食文化のユネスコ無形文化遺産登録》に賛同しています!

このたび、国際食学協会では、文化庁及び農林水産省が認定を目指して動いている『日本食文化のユネスコ無形文化遺産の登録』に賛同する事となりました。

登録を目指す日本食文化の特徴とは、「年中行事や人生儀礼などとの結びつき」、「新鮮な旬の日本固有の食材」、「地産地消」、「米飯を中心とした栄養バランスに優れた食事」、「だしの旨みやさまざまな発酵食品の活用」です。その他にも礼儀作法の定義、盛り付けの意味合い、料理の流儀など、奥深い物があります。

国際食学協会では、多くの皆さまにこのような日本食文化について知っていただきたくPR活動を行って参ります。

IFCAでは「健康・道徳・経済の根源としての食」を普及するために、以下の活動を推進しています。

  • 日本の良き食文化をはじめとする「食学」を普及するために、食育・食養・食学に関するイベントやプロモーション活動の企画・実施・タイアップ、及び食に関する各種学習プログラムや各種検定試験・認定試験の企画・実施・提供、会員の助成・支援などを通じて、社会の人々に健やかで明るく楽しい食育・食養・食学を情報として発信しています。
  • 食学を導入・活用したビジネス・コンテンツ・各種メニュー・サービスなどを検討しているIFCA各種会員、及び審査を経た外部希望者らに対して、支援プログラムの企画・開発・運用・提供ほか、幅広いサポートを継続して行うことで、消費者の方々が「食学」の恩恵を授かることができる環境の拡大に努めています。
  • 農林水産・流通・医療・教育・美容・介護・福祉などの「現場」と連携し、専門家・有識者の意見・要望・監修を取り入れた「食」の研究、食事療法の普及・導入と、それらのノウハウを社会に還元することによる人々の健康・健全で安全な食生活の向上促進に貢献する情報提供に努めています。
  • IFCA会員がさまざまな分野で、さまざまな形で、食学を活用・普及し、会員がビジネスやライフワークとして活用していけるよう、各種の支援・助成プログラムを企画・開発・実施・運用すると共に、関係法令やモラルを遵守した人道的に正しい食育・食養・食学の普及が社会に成されているか、厳正な管理・監督に努めています。

IFCA国際食学協会


IFCAの活動に関するよくある質問はこちら


詳しい資料をご希望の方は、こちらをクリックしてください。
資料(無料)がダウンロードできます。⇒[Click!]


受講生の声
名誉理事長は南清貴から吉良さおりへ
 美味しい食学セミナーのお知らせ
 日本全国、通って学べる通学校
ナチュラルエイジングプログラム
食学入門講座がeラーニングで学べる
レシピ大公開!!
グローリー・インターナショナル
IFCA公式Facebookページ
ベジィ・ステディ・ゴー!
セラピーライフ
農家から自宅に美味しすぎる野菜が届く!フィールド・コープ
料理教室検索「ぱぱっと検索!クックタウン」
アマゾン
豆知識リンク集
ピックアップ
朝食は今日が始まる出発点 食育標語
食育基本法
ライスインキ